PC1台で最速で収益化していく方法

お疲れ様です。あおいです。

今回はPC1台で最速で収益化していく方法についてお話したいと思います。

コロナの影響で職を失った方や、この先のお給料や生活費に不安を抱えている方、または企業に頼らず個人の力で大きく稼いでいきたいという方も、非常に増えてきたと思います。

私の知識がそんな方のお役に少しでも立てたらと思います。

最強のビジネスモデルとは

結論からお伝えすると、私が行っているのは、WEBを使ったコンテンツ販売ビジネスです。

販売するのは、デジタルコンテンツです。

デジタルコンテンツは、本などの有形物とは違って、一度作ってしまえば何度でも販売できるという特徴があります。

そのため、物販のように在庫を抱えるリスクはありませんし、商品が売れると新たに仕入れなければいけないという労働もありません。

そもそもコンテンツを作るのにも金銭的リスクは一切ないので、とにかくリスクなく大きな金額を稼ぎだすことができてしまう、最強のビジネスモデルです。

しかもPC1台でネット環境さえあればどこにいても大きな収入が得られるので、家はもちろん、旅行先のホテルやカフェなど、好きな場所で仕事ができるのも魅力ですね。いわゆるノマドワーカーというやつです。

そしてコンテンツ販売の一番の魅力は、あなたの好きなこと・得意なことをコンテンツにして、商品に魅力を感じる人を全国から効率よく集め、その集まった見込み客に対して効率よくオンライン販売していけるという点です。

コンテンツ販売は、しっかりとノウハウを理解できれば、リスクなく最短で大きな収益を、あなたの好きなタイミングで発生させることができます。効率がいいため、初心者でもかなり成果を上げやすいビジネスモデルです。

コンテンツビジネスに必要な要素

このコンテンツ販売には大きなステップが3つあります。

それは、

✅集客
✅教育
✅セールス

です。

この3つの本質をしっかりと理解することができれば、今あなたが思い描いているような理想の生活が全て叶いますので、しっかりと頭に入れていってください。

①集客

たまに、SMSのダイレクトメッセージなどで、知らない人からいきなりビジネスの勧誘をされたことはないですか?

あの手法はもちろんNGです。

とにかく数打てば当たるみたいな考え方で非常に効率が悪いので、時間の無駄です。

集客は、一方的にこちらからメッセージを送り付け売り込むものではなく、むしろお客さんの方から問合せをしてしまうような仕組みを作ることの方がよっぽど大切なんです。

では、私自身はどのように集客したのか。

それはSNS(Facebook、noteなど)を集客媒体に選ぶことから始めました。

集客するために大切なのは、あなた自身が認知されるために、まずは「影響力」をつけていくということが一番大切です。

もしあなたに影響力があれば、あなたがオススメする商品なんて、簡単に売れると思いませんか。

実際にインフルエンサーが実証済みなので、あなたも正直薄々気付いているはずです。

ですが影響力をつけると聞くと、気が遠くなるような時間がかかると想像される方が多いと思います。

実際、人にもよりますが早くて1年、長いと3~5年くらいはかかるのではないかと思っている方がほとんどだと思います。

結論からお伝えすると、月に100~200万円を稼ぐくらいの影響力であれば、「Facebook」を使うことで2~3週間あれば本当に誰でも身に付けることができます。

「なんでFacebook?」

私もこのビジネスを始める前は、完全にそう思っていました。

TwitterやInstagramの方が効率が良いだろうと思っていました。

ですがこれからビジネスをスタートしていく方は、Facebookが圧倒的に効率的で最短最速の収益化が見込めます。

その秘密は、

✅媒体の「実際の」利用者数

✅Facebookのインプレッションの特性

に秘密があります。

✅媒体の「実際の」利用者数

2020年現在のSNSの国内月間利用者数は以下の通りとなり、Twitterが圧倒的に思えます。

・Twitter:4600万人

・Instagram:3300万人

・Facebook:2600万人

しかし、TwitterもFacebookも、複数アカウントを所持でき、かつ「若者の半数は複数アカウントを使っている」という調査結果から、この数値は逆転することとなります。

つまり、複数アカウントをカウントしない、「実際の」利用者数は、Facebookがダントツということになります。それだけ、Facebookはブルーオーシャンな媒体ということですね。

✅Facebookのインプレッションの特性

仮にFacebookで100いいねを獲得すると、1000~1500人の方に自分の投稿を届けることができる特製があります。単純計算で、300いいねなら3000人以上に見てもらえる。夢がありますよね。

これがTwitterとなると、大変なことになります。

3000人のタイムラインに乗るには、3000人ものフォロワーが必要です。

これを2週間や1ヶ月で作れと言われても、難しいですよね。

それがFacebookだと、毎日1時間ほどの作業で可能になってくるわけです。

そのため、コンテンツビジネスとしてまず集客力を磨くには、Facebookがオススメというわけです。

それで集客力を身に付けたら、他媒体にも移行していく、という段取りが最も効率がいいです。

さて、では集客をする上でどのような情報発信を行えばよいのかという部分も、かなり大切になってきます。

一番重要なのは、ただ情報発信をするのではなく、まず「誰に向けた発信なのか」をしっかり明確にし、その上でそのターゲットに向けてあなたの価値観や考え方を発信することです。

人があなたに興味を持つ上で一番重要な心理的要素は、「共感」です。

どれだけ素晴らしいことを描いたとしても、情報からあなたの考え方や価値観が見えないと、残念ながらあなたに興味をもってもらえません。

たとえば、単純に情報発信だけをしているまとめサイトやニュースサイトをあなたが見たとしても、そのサイトを書いている人に興味を持つことはまずないですよね?

あなたが情報発信をしていく上で、あなたのコンテンツの魅力や購入のメリットなどを伝えることももちろん大切ではありますが、それ以上に、情報発信をしているあなた自身に興味をもたえれることの方がよっぽど大切なんだということを、頭に入れておいてください。

たとえるならば、あなたがルイヴィトンのバッグを買おうと思うと、価格が40万でも「そのくらいするよな」と納得しますが、全然知らない人が個人でバッグを同じ40万円で売っていたとしたら、「え、高いな!」とか「詐欺かな?」と思われてしまうわけです。

仮にその人がルイヴィトンよりも原価をかけて、かなり良いものを作ったのだとしても、「信用」がなければ残念ながら売れることはありません。

だからまずは、あなた自身の価値観や考え方に共感され、あなた自身がしっかりと気に入られ、最終的にはファンのような状態にまですることができれば、簡単に効率よくあなたのコンテンツを販売することができるわけです。

②教育

教育は、簡単に言うと、集客できた見込み客に対して、よりあなたの商品を買いやすい状態に仕上げるといったイメージです。

教育がしっかりできていれば、センスなんて不要になるくらい、見込み客があなたの商品を買う気満々の状態にすることができてしまうわけです。

教育の仕方を簡単に説明すると、まず集客の段階で、見込み客を公式LINEに集めておきます。

そうすることで一斉配信ができるので、効率よく大多数の方に、同時に興味付けのための配信ができるというわけです。

人が何かに深く興味を持ったり商品を買ったりする上で、一番大切なのはイメージさせることなんです。

どれだけ「この商品がいいよ」と伝えたとしても、その商品を買うことで自分がどう変われるのかをイメージできないと、購入には至りません。

そのため教育で大切なのは、商品の価値やメリットを謳うよりも、見込み客があなたのコンテンツを購入することでどう変われるのかを、明確にイメージさせることが重要になります。

その上で、しっかりと他の同業者との違いや、あなた自身の強みなどをしっかりと伝えることができれば、自然と見込み客の選択肢は、あなたの商品一択になってきますので、ライバルと争うことなく、圧倒的に効率よく商品を販売することができます。

多くのマーケーターはこの「教育」をないがしろにしがちですし、商品が思ったより売れないと「セールス力が足りないんじゃないか」と思ってしまう方も多いです。

しかし私の経験上、この「教育」がしっかりできていないケースがほとんどです。

それだけ教育は重要だということですね。

③セールス

セールスと聞くと、正直難しいイメージを持たれる方も多いと思いますが、ご安心ください。

自分の商品に興味のない方にセールスるのはたしかに難しいかもしれませんが、「集客」や「教育」の段階であなたやあなたの商品に興味を持った方自ら問合せがきているわけなので、決して難しいものではありません。

私の場合のセールスは、オンラインセミナーを見込み客の方の大してマンツーマンで行う手法です。

しっかりと教育がされきっているので成約率も圧倒的に高い状態で、30万円以上の高額商品をバンバン販売することができます。

ただし、このセミナーというのはあくまで一つの販売手法なだけであって、他にもプロダクトローンチ(商品を売り出す前から見込み客を集め、定期的な情報を伝えて購買意欲を高めた上でセールスを仕掛ける方法)という手法などもあります。

ですが後者は、集客力や資金力のない初心者が行うにはかなり効率が悪いのでオススメしません。

理由は、成約率です。

オンラインのセミナーにすることで、プロダクトローンチでは絶対に不可能な成約率を叩き出すことができるので、集客力の弱い初心者でもかなり効率よく収益化することができるわけです。

ちなみにオンラインセミナーはZOOMを使っていますが、無料の会議アプリなので費用はかかりません。

まとめ

①見込み客を集めるために情報発信をして公式LINEに集客する

②公式LINEにてあなたのコンテンツに興味を持つように教育していく

③教育ができたら、買う前提の見込み客に対してオンラインでセミナーをして販売していく

これだけできれば、物販のように在庫を持つなどの赤字リスクを負うこともなく、最短最速で「個人で稼ぐ力」が、気付かないうちにあなたについてきます。

ネットで稼ぐのは全体で見ると複雑そうに思えますが、細分化して一つ一つを見ることに追って、そこまで難しいものではないことがわかりましたね。

この記事が少しでもあなたのビジネスの足掛かりになればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です