【断捨離】その飾りは、毎日目に留めておきたい?

手放したもの:かっこいいポーチ

状態がよくてしかもかっこいいデザインのものとなると、なかなか手放しづらく、
「いつか使うかも?」
と、とっておきがちです。

ですが、実用性がないとか、使うシチュエーションがどうしても今想像できないものについては、処分した方がいいです。
「飾り」のためだけにとってあるものは、たしかにお洒落間を与えてくれますが、「実用性」がないためそのモノには意味が与えられないのです。
要は、中身のない空っぽのモノと同じ。

そういうものは、よっぽど気に入って「いつも目に留めていたい!」とまで思わない限り、手放すことをおすすめします。

必要以上に飾っていたり「かっこよさ」「可愛さ」だけでとってあるものは取り除くことこそが、ミニマリストになるための決断力を養う経験値にもなりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。