日記帳や手帳の断捨離方法

手放したもの:ダイアリー

2019年と2020年のダイアリーを、手放しました。

とっておいた理由が、「頑張って書いた文字たちを眺めて自己満足に浸りたい」というものだったからです。

それに、ダイアリーはたいていの場合、直近1~2ヶ月前後の予定を振り返ったり予想したりするのに使う「タイムリー」なものです。
そのためあとあと数年経ってから、
「このとき何してたかな~」
「何考えてたかな~」
というのを知るためにじっくりと読み返す人は、あまりいないのではないでしょうか。

そんな結論に至ったため、「この年はお世話になりました」とお礼を言って、お別れしました。

ダイアリーは、1冊のボリュームはそれほどではなくても、10冊、20冊と溜まってくると、結構かさばります。

「どうしても捨てられない」という場合は写真に撮ったり、重要なページだけ切り抜いてとっておくなどして、ミニマルに対処しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。