【ミニマリスト】「本当に必要なモノだけを買う」ことの大切さ

もうすっかり春の陽気になったので、少しずつ衣替えしていってます。
その中で、冬服を断捨離しました。
あまり着ていなくて美品のものも結構あったのですが、もうこの時期だから買取ショップでも扱ってくれないだろうし、メルカリでも売れないだろうしなぁ…ということで、思い切って手放しました。

こんな風にどんどん手放していく中で思うは、やっぱり「本当に必要なモノだけを買う」ことの大切さ。
特に衣類は、ちょっとお洒落とか着心地いい、安いと感じたら買ってしまがち。
その服を毎日でも着用しているイメージが湧けば買ってもいいと思いますが、「なんとなく買っちゃったけど、家に帰ってタグを切っていざ収納したら存在を忘れてた」なんてこともあるんじゃないでしょうか?
私はよくあります笑
それってほんとうにもったいないです。

ミニマリストになるには、手放す技術だけじゃなくて、以下に「自分に本当に必要なものを見極めて買うか」という技術も必要になってくるということがわかりますよね。

普段、たとえば食料品とかお菓子とか小さなものでもいいので、「これは本当に必要かな、今日食べたいかな」ということを考えるクセを付けていきましょう。そうすれば、自然と取捨選択能力が鍛えられますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。