断捨離の判断基準は「今」

手放したもの:襟足ウィッグ

私はくせ毛剛毛多毛の、結構やっかりな髪質です。
なので綺麗なサラサラヘアーにはいつも憧れていました。

そのためサムネのような襟足ウィッグを買ってみたんですね。
で、使用感としてはまあまあだったんですけど、これを借りて付けた母親や父親が楽しいと喜んじゃって…笑

その思い出があるので、なかなか手放せなかったんですね。
またうちに来た時に貸してあげたら喜ぶんじゃないかって。

でもよく考えたら、うちの両親と会うのは多くても月に1回、そもそもこのウィッグのことも忘れているかもしれません。
なので、思い切って手放しました。

あなたも、自分が「まあまあ」と思っているものでも、「人が喜んでくれたから」という理由でとってあるモノってありませんか?

そういうモノ、頻繁に出番があるならとっておいてもいいと思いますが、私みたいな例の場合、思い切って手放しましょう。
ミニマリストを目指している方はなおさら、【今】を大切に判断してみましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。