「いつか」使うかもしれない紙袋の落とし穴

手放したもの:紙袋

こういうお洒落な紙袋って捨てづらいですよね。

「誰かへの贈り物で使うかも?」とか
「お菓子やパンを焼いたときに入れよう」とか、
「大きな荷物や小物を運ぶときに使おう」とか、
「メルカリで品物を発送するときに使おう」とか、
はたまた「見せる収納に使おう」とか。

そんな理由で、大量にストックしていて、いつのまにか玄関やキッチンなどの収納スペースを圧迫しているなんて人も多いんじゃないでしょうか?

でも、上に挙げた例って、結局「いつ」くるかわからない「いつか」の出来事なんですよね。
たしかに咄嗟のときにあった方が便利です。

でもよくよく考えてみてください。
そんな機会って頻繁にあるでしょうか?
もし予定が入ってるなら、もちろんとっておいて構いません。
でももし「いつか」と思っているなら、今すぐ手放しましょう。
ただただ収納を圧迫するだけの代物で、要はガラクタです。

どうしても「全部捨てる勇気がない」という人は、お気に入りのもの2~3枚だけをストックしておくのが吉です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。